北九州プロバスクラブ

Welcome to the homepage of Kitakyushu Probus Club!

同好会活動

カラオケ会

 カラオケの会は偶数月の第4火曜日、午後開催で昨年までやっておりました。
 今年の第一回は会場を変更して魚町で開催しました。良い店が見つかり喜んでいましたが、その直後に“コロナ禍”でプロバスとして例会、委員会、同好会など総て中止となりました。
 休会が続いたので、コロナが過ぎればメンバーも、そうでない方も大いに歌って、会を盛り上げて欲しいと思います。

ゴルフの会

 春と秋にコンペ開催。スコアよりも楽しさ優先ですが、年々高齢化も進み、会員の方も本当に少なくなりました。これも体力の限定、仕方ありません。会員の中で昔、ゴルフをされていた方、スコアーを気にせず、もう一度春と秋、季節の良い日に芝生の上で楽しんでみませんか。また、お知り合いの方の参加も大いに歓迎します。

ワインを楽しむ会

 ワインを楽しむ会は皆様にワインを知って楽しんでもらうのが会の趣旨です、11月といえばボジョレヌーボー。最近ではコンビニでも買え身近なワインですが、一時はあちこちのレストランに集まり11月第3木曜日の夜中12時に飲むという大変な騒ぎでした。
 日本は経度上フランスより1日早く解禁日が来ることで大いに盛り上がれたわけです。名前は産地ボジョレの新酒の意味です、ボジョレには普通のものがあり3ランクに分かれています。「ボジョレ」は並酒級、「ヴィラージュ」がつくと1級品、村名を名乗れる「クリュ・ボジョレ」は特級品となります。
 本当に美味しいボジョレを飲みたければ、ヴィラージュや村名ワイン「ムーランナヴァン」「フルーリ」「モルゴン」など試して下さい。

写友会

 現会員は10名。プロバスクラブ月例会(1,8月を除く)での会員作品展示発表は定着し、SLを追って各地を転々とするなど、例会会場で日頃撮りためた自信作を展示します。また、市立医療センターで会員の作品を展示。患者さんや病院関係者に楽しんでもらっています。
 会員の撮影会は実現しませんでしたが、各々が撮影のチャンスを積極的に求め、市内に留まらず、県外、海外まで活動して作品を仕上げております。
 公募展にも参加し、入賞した会員もいます。新年度にはより一層積極的に行動して、楽しい写真を提供します(大川)

食美会

 会員同士で美味しい店を見つけて楽しくランチ。和食、洋食と、目先を変えて楽しみにしてきましたが、ここしばらくは、コロナ禍で開催できませんでした。しかし、少しマスクや、手洗いも慣れてきました。
 老後を楽しみに生きて来た私たちには、なんとも面はゆいばかりです。日本の四季を感じながら食べる幸せを取り戻したいとおもいます。皆さんが、安心して集えるところを探して行きましよう。

日本酒の会

 「日本酒の会」は発足3年を過ぎました。全国の銘酒を味わい、親交を深めながら、現在会員8名で運営しています。3か月1回のペースで「nao」で開催し、のんびり、ゆったりとした会として歩み続けています。 毎回ご主人の選んだお酒で乾杯からスタートです。それから甘口、辛口、淡麗等思い思いに好みの味を嗜みます。そこに欠かせないのが肴です。女主人の心の籠った料理で至福の時を過ごします。
 それに、年1回の酒蔵巡りと、市内の別の名店にも足を運ぶようにもしています。”百薬の長”日本酒をこれからも愛し、仲良くつきあう人々のあつまりす。百歳までお酒の嗜み、元気に過ごそうではありませんか。

風の会

 アウトドアにおける会員同士の親睦と、日頃の運動不足の解消をねらっての風の会。
 電車の移動を抜きにウオーキングは5~6kmまでと考えます。家族や会員以外の参加は大歓迎ですし、会員以外の方の参加はプロバス増強にも効果あると思われます。
 今後の方針としては年4回位身近な場所と少し遠出を考えてます。春先の清酒蔵開きは欠かせませんね。ともかく親睦・元気・楽しいがテーマです。

歴史文学講座

 毎月第4火曜日に開講。1テーブルに一人か二人、ソーシャルデイスタンスを保ち、コロナ禍でも開講できたのが自慢。学生気分に戻って元大学教授らを講師に迎えています。たまには脳の活性化を図りましょう。

川柳の会

 5月17日発足。会員は現在12名でスマホのラインを使って投稿しています、お題は1週間に1~2回決め、お題から外れる投稿もしばしば、気楽に楽しんでいます。